地域を選択する

  • 首都圏のマンション
  • 関西のマンション
  • 東海のマンション
  • ・北陸・甲信越のマンション
  • 東北・北海道のマンション
  • 中国・四国のマンション
  • 九州・沖縄のマンション


話題のテーマ・話題の物件情報
キーワードで探す

新築マンション、先取り資料請求


TREND 話題のテーマ・話題の物件情報TREND

ヤマダ電機×エス・バイ・エルが
生み出すエコ住宅
「スマートハウジング」展開スタート

株式会社ヤマダ電機とエス・バイ・エル株式会社は、11月10日より、新しい住まいとエネルギーのつくり方を提案する「スマートハウジング」の展開を開始した。両社が培ってきたノウハウや人材を融合し、"光熱費ゼロ"の暮らしを目指す。新築・リフォームを問わず全商品に展開する。

マスコットキャラクターゲーテくん

創エネ・省エネ・蓄エネのトリプルエコを実現!

GURU GURU

家電量販店としてのイメージが強いヤマダ電機だが、このほど発表されたのは、住まいに関わる省エネ家電や電気自動車などの「スマートアイテム」を組み合わせた、住まいのトータル・ソリューションの提案。同社が誇る広範な調達能力を活かし、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)・家庭用蓄電池・IHクッキングヒーターなどのオール電化家電・省エネエアコン・LED照明・電気自動車・電気自動車用コンセントなどを、顧客の予算や要望にあわせて選べるよう、豊富に取り揃える。「スマートハウジング」の特徴は、「創エネ・省エネ・蓄エネ」のトリプルエコ。国内主要メーカー全ての製品から提案できるという太陽光発電システムでエネルギーを作り出し、LED照明やエアコンなどの省エネ家電で使用電力を節約。加えてHEMSにより家庭内の電力使用量を"見える化"して、無駄を省いた快適な暮らしに貢献する。さらに、太陽光発電と組み合わせた大容量の家庭用蓄電池などを用いて、日常のみならず非常時にも、有効に電力を利用できるシステムを提供するとしている。

光熱費年間26万円以上ダウンを目指す"長く・強い"住まい

GURU GURU

一方のエス・バイ・エルは、60年にわたる住まいづくりのノウハウを活用し、日本独自の気候風土から生まれた伝統建築手法を反映した丈夫で快適な木造住宅を提案する。夏は涼しく、冬は暖かく暮らせる陽射しのコントロールや、自然の風や光を室内に取り込む間取りの工夫、季節に合わせて変化する落葉樹を配した植栽計画など、自然の変化を取り込んだ空間づくりを目指している。また、耐震性の高い木質パネルを使用した「Strong×Long(強く・長い)」構法と、壁の内部に空気を通し内部結露による腐朽を抑える「壁体内換気システム」や、独自の長期保証制度などにより、高い基本性能を有する住まいを提供する。同社の企業建築家が手がける"オンリーワン"の注文住宅が提案できる点も、強みのひとつとしている。2012年1月には、前述のヤマダ電機との協力により、4.6kwの太陽光発電システムとHEMS、6.0kwリチウムイオン蓄電池、LED照明、最新のオール電化、省エネエアコンなどの最新家電、電気自動車と専用のコンセントといったスマートアイテムを搭載したモデルを千葉北展示場にオープンする予定だ。このモデルでは、旧省エネ基準による住宅と比較して、年間の光熱費を267,616円削減(※)できると推定している。
今後両社は、エネルギーをより有効に活用し、快適で便利、かつ地球に優しい住まいづくりを目指していく。さらに個々の住まいを越え、街全体でエネルギーを自給自足し、子どもからお年寄りまでがともに暮らせる「スマートタウン構想」へと繋げるということだ。省エネのみならず創エネ、蓄エネへと日進月歩の進化を見せる住まいのエネルギーシステム。エネルギーを完全に自活する住宅での暮らしも、そう遠くない未来に実現するかもしれない。

※エス・バイ・エル算出による

関連するコンテンツを探す

上記の記事は、2011年11月16日現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社ホームアドバイザー(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

<空> <空>

CONTENTS トレンド関連の記事一覧CONTENTS

RECOMMEND 編集部のオススメ特集RECOMMEND

編集部がオススメする旬なテーマの物件集です

SEARCH エリアから物件を探すSEARCH




  • トラスト-e

Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.